町屋ミュージアム概要

水を治むる者、天下を治む

伊達政宗の狙いは、領内の新田開発で収穫された米を北上川を利用し、廻船する巨大なプロジェクトであった。江戸・明治時代、北上川中流の交易の要として栄えた登米。ひらだ(平田舟)で石巻まで米穀・繭・生糸を運び、千石船で江戸深川・横浜へと取り引きを広めた「廻船問屋 菅野屋勘兵衛」を今に伝える資料館。

宮城県博物館等連絡協議会会員館